teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


関東学生ヨット連盟のホームページが新しくなりました。

 投稿者:大浦脩五  投稿日:2010年12月 9日(木)17時50分36秒
  関東学生ヨット連盟 新広報の大浦脩五です。
学連のホームページが新しくなりましたので、よろしくおねがいします。

http://kantogakurenyacht.jimdo.com/

 
 

(無題)

 投稿者:河村@管理人  投稿日:2010年 3月13日(土)08時12分33秒
  新歓ビデオに関しては前々から考えていて、現段階ではとりあえずyoutubeに載せて
そこへのリンクを張ろうかとしていたところです。

今年は新歓ビデオ担当が数人いるので、いろいろ楽しめる感じになってると思います!
 

HPに新歓ビデオのせたら?

 投稿者:音田  投稿日:2010年 3月 3日(水)00時33分43秒
  音田です。

HP代わったんだね。
かっこよくなってる!!
新歓対策、キッチリやってるね。

さて、せっかくかっこよくなっているのだから、
歴代の新歓ビデオを載せたらどうだろう?


新入生からしても、面白いビデオがあればいくらでも見るし、
ヨット部のいい宣伝になるよ。きっと。


どうでしょう?
新歓ビデオを載せてみては?
 

ベンチャー就職ワイン会を開催します!!

 投稿者:音田メール  投稿日:2010年 3月 3日(水)00時28分11秒
  音田です。

ウチ含め会社(SMG:エスエムジー) の内定者たちで
 「ベンチャー就職ワイン会」
をやります。

当日は人事、人事でない社会人や、
ベンチャー志向の学生が集まって就活/採用の情報交換をします。

就活について興味があれば、
社会人もいるし、意識の高い学生もいるので、いい刺激を受けられます。
 #実際に同じ企画に、内定者の一人が行き、面白かったそうで、
 #今度は自分で開くことになりました。

参加したいという人は、音田までお願いします。
 連絡先:otoda_yachtob@yahoo.co.jp


以下詳細

 対象:学生、社会人、だれでも
 日時:3/10(水)19:00~
 場所:エスエムジー4F セミナールーム
 形式:ワイン持ち寄りの立食交流会
 費用:1000円(おつまみ代)(ワイン1本もちこみ)
 主催:IO内定者

 開催条件:3/10(月)10:00までに、外部参加者10名以上の応募があること。


よろしく!!

http://ameblo.jp/smgblog/entry-10471756310.html

 

写真: 秋インカレ決勝

 投稿者:小川 雅  投稿日:2009年10月14日(水)09時00分33秒
  秋インカレ決勝の3日目に撮った写真をUPします.

秋インカレ決勝(2009/10/12)
 

http://rikuun.at.webry.info/

 投稿者:はしわたしメール  投稿日:2009年10月 1日(木)22時15分35秒
  チラシです。洋上にヨットを浮かべプカプカと昼寝できるような大物ならこの未開の地を耕せるかもしれません。

自動車交通 VS.コンベア交通:

   移動体の普及台数に対するコストの比較
自動車交通 VS.コンベア交通

本文:

道路の総延長を380km(東京都品川区、普通車の通れる道)、移動体の普及台数をNとする。

(1)自動車の場合
原付からトラック、バスまでありますが代表値として1台の価格を150万円とすると、普及台数Nに対するコストは

     150万円xN+道路の価格
となります。

(2)タイヤホイールコンベアの場合
移動体は軽いので、コンベア側には小さな動力で十分な加速性を与えられるので原付程度の動力(モーター)を使い、対面交通の片側で1メートルごとに1つの動力で4車輪、両方向では1メートル毎に2つの動力で8車輪使うことにするとメートル当たりの単価は、原付2台分より少し多めに見て24万円とし、さらに車輪の向きや回転数を制御するのに片側4万円、両側で8万円上乗せすると、タイヤホイールコンベアのメートル単価は32万円となり、品川区の場合道路総延長が380kmだからコンベアのコストは

      (380x10^3)メートルx32万円=1216億円
移動体は座席と荷物スペースを持つエアコン付きカプセルで1台26万円とし、さらにハンドルとアクセルの情報をコンベア側に送信するとして4万円上乗せし1台30万円とすると普及台数Nに対するコストは

     30万円xN+1216億円+道路の価格

となります。
(3)リニア交通コンベアの場合
コストは基本的にタイヤホイールコンベアの場合と大差ないものとして(2)の式と同じものを使うことにする。

(グラフにすると一目瞭然)

さて、(1)の式と(2)または(3)の式を等号で結ぶと、N=10.1万台を得る。

平成18年度において原付も含めた品川区の自動車普及台数は12万台であり、大体の傾向を見るだけの大雑把な計算だが既に数年前からコンベア交通のほうが自動車交通よりコスト的に有利になっていた可能性もあるという結果である。より精査な式によって転換点を算出し、大いに議論を広めることが緊急の課題であります。

さらに、(2)あるいは(3)の移動体からハンドルとアクセルを取り外し上乗せした4万円のうち行き先やストップ・ゴーを発信するために1万円、残り3万円はコンベア側のコンピューターのために使えばほぼ同じコストで路車間・車車間通信付き(無線の必要はない)の自動運転コンベア交通システムを得ることができ、このことによりもたらされる利益は莫大なものがある。

また自動車の場合(1)の式にいわゆる「自動車社会のコスト」を上乗せすることになると、転換点はさらに数年さかのぼることになり、驚くべきことですがずいぶんと大きなムダを長年にわたって,だれも気がつくことなく続けてきたことになり、議論を広めることの緊急性はさらに高まるものであります。


補足: リニア交通コンベアは道路面からの突出なしに設置できるので人や自転車や他の交通と道路を共有することができ市街地向きで、タイヤホイールコンベヤは効率が良いので幹線道路向きと言える。(タイヤホイールの直径を10mmくらいにし頭を少しだけ出した交通輸送コンベアが可能なら市内でも使えるかもしれない。)

補足2: 重量物に対しては移動体の大きさを大きくすればその分、対応するコンベア側の駆動磁石や動輪の数が増すことになりそれなりの加速性が得られる。

補足3: 交通・輸送コンベアにおいてはたくさんの動力がコンベア内に連なるが移動体が来たところの動力だけを活性化させることによりエネルギーのムダを省くことができる。

補足4: コンベア型の交通・輸送は実現してしまえばその経済性、安全性、利便性、少ない環境負荷は明らかです。
 そして自動車交通・輸送が同程度の経済性、安全性、利便性、環境負荷を達成するには、ITSの開発で自動運転の実用化、電気自動車用の動力バッテリー、燃料電池の開発、生産が必要で、交通・輸送コンベア型に移行・転換した時これらへの投資が無駄になってしまう可能性もあります。

補足5:下記ブログにコンベア型の交通・輸送への転換、移行について気がついたことを書き込んでいます。 ご参照ください。

ブログタイトル: 目前にまできた新輸送システム
ブログURL: http://rikuun.at.webry.info/

http://rikuun.at.webry.info/

 

練習の写真

 投稿者:小川  投稿日:2009年 8月21日(金)11時16分19秒
  少ないですが,第2タームの初日に撮った写真をUPします.

夏合宿の写真(2009/8/20)
 

1日で3社のインターン!事業プラン創出ワーク体験~ネット・モバイル編~

 投稿者:竹本悠馬  投稿日:2009年 8月11日(火)18時28分36秒
  突然の投稿失礼します。
私、慶応大学商学部3年の竹本悠馬と申します。
今回は、私がお手伝いしている就活イベントのご案内でご連絡差し上げました。
1日に3社のインターンを経験できるから、部活やサークル活動でお忙しい皆様にも最適なイベントです↓↓

■□―――――――――――――――――――――――――――――■□
   8月19日(水) 15:00~19:00  <要予約>(五反田)

   『事業プラン創出ワーク体験 ━ネット・モバイル編』
         ─ 1日で3社のインターンを体験できる! ─

     参加企業:アイレップ/エフルート/ディ・ポップス

限定50名 予約はコチラ ⇒
http://www.globalleadernavi.com/jp/GF3410LG.html?fair_id=32
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まずは質問です。 以下のどれかに当てはまりますか?

◆ロジカルシンキングを磨きたい

◆自己成長のスピードを上げたい

◆社会人としてすぐに活躍したい

◆グループワーク、ディスカッションがきちんとできるようになりたい

◆起業した社長の話を聞きたい

◆ネット&モバイル業界に興味がある

どれか一つでも 当てはまっている人には
最適な『事業プラン創出ワーク体験』 インターンです。

当日は、
インターネット&モバイルで成長し続けているベンチャー企業3社より、
現在のビジネス展開や市場に関してレクチャーいただきます。

その後、
各企業からの課題をグループごとにディスカッションし発表となります。

企業の考え方、事業プランの立ち上がり方、
課題発見の視点やプロジェクトの進め方など
ビジネスに必要な要素、すべてが凝縮されたワークが
短い時間の中で 3社分も体験できるカリキュラムが用意されています。

直接、企業の方が皆さんのグループディスカッションの様子も見ていてくれ、
フィードバックもいただけます!!

就職活動が本格的になると、
こうして企業の方とじっくり話をする機会はほとんどなくなるため
この時期だけの特別なインターンです。

しかも、今回は社長/役員/採用担当者が直接話をしてくれ、
フィードバックまで立ち会ってくれます。
最後は自由に名刺交換や話ができる交流会の時間も設けていますので
個人的に聞きたいことを直接質問することも可能です!
普通の就職活動とは違う、インターン体験ができる1日です。

【『事業プラン創出ワーク体験』カリキュラム概要】
1.各企業からのプレゼン
2.グループワーク
3.発表
4.企業からのフィードバック
5.質疑応答
6.交流会(企業の方と自由にお話できる時間です)

セミナー詳細 & 事前予約はコチラ ⇒
http://www.globalleadernavi.com/jp/GF3410LG.html?fair_id=32

※サイト管理者様、不適切でしたらお手数ですが、削除をお願いいたします。

http://www.globalleadernavi.com/jp/GF3410LG.html?fair_id=32

 

中小企業を体感しよう! 5泊6日1万円の地域魅力発見バスツアー

 投稿者:小林 朋美  投稿日:2009年 8月 8日(土)15時08分19秒
  突然の投稿失礼します。
学生団体「まつりクラブ」のスタッフ、早稲田大学教育学部2年の小林と申します。

今回は、我々が広報面でご協力させていただいている、『地域魅力発見バスツアー』ちいバス.netのご案内でご連絡差し上げました。

『地域魅力発見バスツアー:夏の学生版 5泊6日』
http://chi-bus.net/students/

※夕刊フジ(7月28日号)でも大々的に掲載されました!!
http://www.zakzak.co.jp/top/200907/t2009072833_all.html

★参加費用は無料!(但し6日間の食費10,500円のみ自己負担となります)
★出発地点は東京と、各地が選べます。(各ツアー詳細をご覧ください)
★現地集合など、帰省のタイミングで地元企業をみることも可能です。
★友達お誘い合わせでも結構です。もちろん一人での参加も大丈夫です。

いままでの本ツアーの映像がYOUTUBEで見ることができます。
http://chi-bus.net/students/cat4/

【日程】:2009年8月16日(日)~9月12日(水)

<現在募集中のツアー>※残席なくなり次第、締め切りとなります。お早めに!

●8/16~8/21 関西地方縦断(大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・滋賀県)
「農業=最先端?鉄が燃える?知的好奇心が燃える夏の関西!」
http://chi-bus.net/students/cat2/200981621.html

●8/23~8/28 関東近郊テーマ型(東京都・静岡県・山梨県等)
「ブランド戦略と工場体験。職場体験重視!関東文系的ツアー!」
http://chi-bus.net/students/cat2/200982328.html

●8/30~9/4  愛知県周遊(名古屋市・豊橋市等)
「愛知って、美味しいの?未来の農業やモノづくりを創造する企業を巡る!」
http://chi-bus.net/students/cat2/200983094.html

●8/30~9/4  北陸地方縦断(福井・石川・富山等)
「石川・富山・福井中心のなるほどユニーク企業を巡る旅!」
http://chi-bus.net/students/cat2/200983094-1.html

●9/6~9/11 北海道地方縦断(北海道)
●9/7~9/12 四国地方縦断(高知・香川・徳島・愛媛)
「革命・技術・特化・とろける・デザイン・最大、スゴ企業連発!」
http://chi-bus.net/students/cat2/0820099712.html

【対象】:大学生・大学院生(学年不問)
【応募方法】:Web上でエントリー可能です。→http://chi-bus.net/students/
【運営】:地域魅力発見バスツアー運営事務局
【お問い合わせ先】:
電話:03-6661-1956(応募者用 受付時間11時~17時・土日祝祭日除く)
URL:http://chi-bus.net/students/

http://chi-bus.net/students/

 

(無題)

 投稿者:河村@管理人  投稿日:2009年 6月23日(火)21時37分32秒
  >小川さん
関東470予選では小川さんの仰るとおり、初日に3レースが行われていました。
僕自身、レースには出ていなかったのですがレースメンバーの話を聞いてみると
海面の傾向などはなんとなくわかったものの、それをうまく次のレースに活かしきれないといった感じのようです。

今回の関東470では2年生ヘルムスにレース経験をつませるといった意図もあり、各個人苦い経験もし、練習意欲を増させたレースともなりました。
 

レンタル掲示板
/11