teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


YBS「ともちゃん家(ち)の5時」

 投稿者:OWNERメール  投稿日:2009年12月 3日(木)15時13分18秒
編集済
  もうオンエアーは、既に終わってしまいましたが、「2009年11月14日生放送!カフェ特集」で、当店を取り上げていただきました。  YBS(山梨放送)スタッフの方、ご出演の皆様方ありがとうございました。

時折、雑誌とか放送メディアの取材のお話があり、そのつど新たな勉強をさせていただき、まことにうれしい限りです。 今回はちょっと急な取材、放送でしたので、当店を日頃ご利用いただいている放送エリヤのお客様には、あらかじめお伝えすることが充分に出来ませんでしたのでちょっと残念でした。

とは言え、新たに放送をご覧になり、足を運んでくださるお客様もいらっしゃり、珈琲の質問など熱心にされるお客様に出会うと、限りなくピュアーな「珈琲の味発見」への追求、研鑽を余儀なくされ、痛快な気持ちにさせていただけます。珈琲の味わいは、まさにピュアーな綺麗な香味への追求であり、際立つ印象的な風味特性と爽やかな綺麗な明るい酸味特性、そして甘い余韻へのこだわりから生まれます。 これこそスペシャルティー・コーヒーであるべき品質へのこだわり、そのような原材料生豆のこだわりです。

そして当店「彩香房」固有の焙煎と抽出・・・。 今後もご支援いただきますようお願い申し上げます。


         ★山梨放送 2009年11月14日放送分:カフェ特集!「彩香房」のバックナンバーを見る


    取材時店内<撮影:山梨放送>
 
 

「水の節(せちえ)」

 投稿者:OWNERメール  投稿日:2009年10月20日(火)18時23分37秒
編集済
  カナンの研次さま!

【ダンス白州2009 -四つの節会(せちえ)-】は、「地」と共に前衛を生きる舞踏家「田中泯」の表象、具現化なのだろうか・・・(短い言葉での私の表現には、無理もありますが・・・)。。。

四季の移ろいを、「土の節」「火の節」「水の節」「空の節」と題し、自然のあるがままの言葉に感応し、共存する命の躍動・・・・ 2001年から「ダンス白州」として始り、大変興味深い、地に根ざしたイベントとして話題になっている。

そんな★ダンス白洲★はいかがでしたでしょうか?

申し遅れました。 ようこそ「彩香房」へお越しくださいました。 いろいろ楽しいお話もしてくださり、珈琲豆も御購入いただき、まことにありがとうございます。 それに、手作りケーキまでお土産にいただきまして、大変恐縮しております。 大変おいしかったですよ。 作り方を(レシピを)こっそり教えて欲しいくらいにしっとりと、またボリューム感もあって絶品でした^^。

また、是非こちら方面へいらっしゃる機会がありましたらお寄りいただければうれしいです。 まことにありがとうございました。


 【ダンス白州2009 -水の節会(せちえ)-チラシ】
 

10月17日午後に寄ります

 投稿者:カナンの研次  投稿日:2009年10月16日(金)00時39分3秒
  ダンス白洲に行くので寄ってみます  

さくらんぼさん!!^^

 投稿者:OWNERメール  投稿日:2009年10月 6日(火)11時08分49秒
編集済
   書き込み、御感想をいただきまことにありがとうございます。
御返事が大変遅れまして申し訳ありませんでした。(この掲示板のシステム変更があり、更新版をアップできませんでした。重ねてお詫び申しあげます。m(,_,m)ゴメンナサイ!…・・)


 さて、当店のケーキ・セットを、御賞味いただきましてうれしい限りです。
当店は、言うまでもなく珈琲の専門店ですが、最小限のドリンクやケーキ、パンメニューなどをご用意しております。 いずれも珈琲に負けず、素材やレシピなどグレードの高い完成度をを目指しております。 けっして珈琲のサブメニューではなく、ましてケーキやパンのサブメニューとして珈琲があるわけでもありません。 なんでもありのカフェではないというこだわりが、あります。 もちろん、珈琲専門店にありがちな偏屈な頑固マスターのいる店でもありませんので念のため!!(笑^^) 御来店がまだのお客様は、是非御来店を!

 そのようなわけで、お褒めをいただくのはほんとうにうれしく思います。 そして、うれしいことに、テイクアウトは出来ますか? というお問い合わせもいただきますが、この御希望は只今は、かなえてあげられませんので御了承ください。 珈琲も、簡易なカップでテイクアウトしていただくことも出来ませんのであわせて御了承願います。

 やはり、小淵沢のこの「彩香房」の庭で、召し上がっていただければうれしいです。

 そして、焙煎した珈琲豆は、珈琲豆売り専門店ですのでもちろん、100g単位でお持ち帰りいただけます。 ちなみに当店のブレンドは、3種(香、彩、小淵沢ライト)ございますが、何れもアフター・ミックスによりお豆をお出ししております。 これはブレンド素材を単品でローストしたあと、お客様の御指定のブレンドをお買い上げのときにブレンドするもので、鮮度の保持とオリジナルな香味をしっかり表現できるブレンド(当店ではリミックスといっていますが)をお出しするためです。

 珈琲は当店ブレンドこそ、その店のオリジナリティー溢れる顔となるものです。 そしてストレートは、その豆のパーソナルな顔をより立体的にお伝えするキャラクター商品とも言えます。 それぞれの珈琲の香味が、ケーキやパンといっしょに、新しい味わいの発見となれば幸いです。 どうぞ今後も「彩香房」に御来店いただきますようお願い申し上げます。 ありがとうございました。


画像上:「彩香房」ブレンド・パッケージ「彩(さい)」「香(こう)」
画像下:「彩香房」ケーキ・セットイメージ
 

美味しい珈琲とケーキに感激

 投稿者:さくらんぼの旅人  投稿日:2009年 6月14日(日)18時32分0秒
  こんにちは。先日6月9日(火)に香ブレンドとシフォンケーキを頂いたカップルです。お店のことやマスターさんの転身のお話など、楽しく過ごさせていただきました。あの後神奈川へ帰って香ブレンドを頂きました。やっぱり美味しいですね。(あこがれのマスターさんみたいには上手に淹れられませんでしたが・・・)
今度は桃狩りに山梨へ伺うことになると思いますので、そのときはまたお邪魔します!
お元気で~。
 

おまかせママさん!

 投稿者:OWNERメール  投稿日:2008年 8月 3日(日)22時36分53秒
編集済
  いや失礼しました「ボビーママさん」こんにちは!  いつも珈琲豆のご購入、また当地にいらっしゃった折にはご来店まことにありがとうございます。

  さて、いきなり「おまかせママさん!」と呼びかけてしまいましたが、店主にしてみれば「おまかせ」いただけることはとても光栄なことで、当店の珈琲豆を受け入れてもらえるか否かの勝負どころでもあり、手腕が問われる貴重なお客様の声なんです。
 寿司ネタではありませんが「今朝水揚げされた新鮮なネタ」こそお客様に味わっていただきたい一品でしょうし、今、旬の今日こそ味わえるネタに違いありません。 珈琲も同じです。 先の書き込みでも触れましたが、生豆の収穫鮮度とあわせて焙煎鮮度、そしてカッピング(味覚評価)のすばらしさを併せ持ったネタ(珈琲豆)の提供こそが、お勧めの一品であり、「おまかせ」にチョイスしたい一品でもあるのです。 そして嗜好品であればこそ、味わうお客様のバリエーションはさまざまであり、香味の傾向とあわせて「見繕ってもらう」のは、賢い買い方の一つと言えます。
 ボビーママさん! どうぞ今後も「おまかせママさん!」で、「彩香房」の手腕をお試しいただければ幸いです。

 そして、ご家庭での抽出と味わいについてですが、味の輪郭は、豆の鮮度は当然のこと、珈琲粉量、グラインドの粒度、湯温、お湯の透過スピード、もしくは浸漬(しんし<漬け込む>)時間などにより微妙に味の輪郭はかわります。 このため、いろいろ試しながらこれぞというプロセスを決めるしかないというのが答えですが、お店の味わいというのは、ブレてはいけないというのが鉄則です(ブレを無くすのは神業でもありますが^^)。
じゃあプロは何をしているのでしょうか? 毎日何十回と抽出していると、無意識に時間とか湯温、スピードなどのエレメントをコントロールしていることに気づきます。 これは、まさに「今朝水揚げされたネタ」である焙煎豆の状態を知っているからこそなのですが、この豆はこういう状態で淹れれば美味しい抽出が出来るだろうと判断出来るからです。

焙煎豆の素性がわかっているということは重要なことですが、結局プロも同様、何回も淹れるという作業がブレのない美味しさを作り出しているというプロの極意なのです。 答えにもなりませんが、経験値と、「美味しく淹れたい、美味しくなってくれよ」という想い入れ(「想い淹れ」)が、極上の香味、美味しさをかもし出すと言えるのではないでしょうか。 珈琲抽出の道具、手法もさまざまですが、穏かな気持ちでこころをこめて淹れるというのが最大の美味しい淹れかたのポイントかもしれませんね。


「彩香房」のウォーター・ドリッパー
水出しアイス用にのみ使用している
 

いつもありがとう

 投稿者:ボビ―ママ  投稿日:2008年 8月 1日(金)11時53分32秒
   いつもおまかせながら美味しいコーヒー豆を送って頂き有難うございます。 お豆も見ていると、色々な形・艶等などそれぞれに個性的でおもしろいですね。 主人もそちらのお店で買い求めましたコーヒーミルで、カラカラと楽しみながら淹れてます。  しかーしオーナーとはまたちがった味わい・・・なぜ?  また飲みにうかがいまーす。  

珈琲の美味しさ

 投稿者:OWNERメール  投稿日:2008年 8月 1日(金)02時15分26秒
編集済
   「月と海」さん
 ご来店ありがとうございました。
当店の珈琲、そしてケーキなど美味しくご賞味くださりまことに嬉しく存じます。 八ヶ岳南麓エリヤも数年の間にバラエティーに富んだお店が開店し、珈琲を専門とするお店の開店も外ではありません。
 専門店を標榜すればするほど、それぞれのお店がそれぞれのこだわりを持ち、適切な焙煎、抽出、さらにはそれ以前に生豆の選択など試行錯誤に暇もありません。 そしてそこから得られる琥珀色した珈琲は、さまざまな味わいを見せ、それぞれの特質がかもし出されます。 そんな中で、当店「彩香房」の珈琲の味わいにめぐり合っていただき、感動のメッセージを下さったことに焙煎人としてもこの上ない喜びです。

 珈琲には概して、ベイシックなきれいな酸味を持ちながら甘いフラワリーな味わいがあります。 そして当店では、焦(こが)さない焙煎を心がけ、スモーキーなタール臭を強い排気力でむしろ逃がすような焙煎方法をとっております。 このため抽出もややじっくり(端的には濃い目)淹れていますが、すっきりした味わいです。 一言でクリーン焙煎と言っていますが、このクリーンは、珈琲豆がクリーンということと、人の身体にクリーンと言う二つの意味合いを持っています。 珈琲豆の種類によっては、紅茶のようでもあり、ジュースのような透明感のある味わいともなります(濃厚で、やや深焙煎の場合でもサラット感があります)。
 ちょっとシークレットな(大げさですが)インフォメーションをしてしまいましたが、どうぞ「月と海」さん同様、ひとりでも多くの方に「珈琲の感動」を味わっていただければ幸いです。

 このたびはご来店まことにありがとうございました。 引き続きご愛飲いただきますようお願い申し上げます。 「彩香房」焙煎人店主;杉浦 壽偲
 

おいしかったです

 投稿者:月と海  投稿日:2008年 7月30日(水)21時48分57秒
  先日清里へ行った際に初めて伺いました。
コーヒーおいしかったです。
コーヒーが好きで今まで様々なお店で、コーヒーを飲みましたが
こんなにコーヒーのおいしさに感動したのは初めてでした。
ケーキもおいしくて、とても静かで穏やかな時間を過ごすことができました。
どうもありがとうございました。
 

珈琲の鮮度

 投稿者:OWNERメール  投稿日:2008年 7月14日(月)12時13分48秒
編集済
  「ゆいへい」さま 掲示板への投稿ありがとうございます。 また、当店の珈琲を御愛飲いただきありがとうございます。

  ついでですが、「珈琲の鮮度」について、ちょっと書いてみます。

 「珈琲の鮮度」については、ご購入後の保存状態、賞味期間など珈琲専門店においても考え方はそれぞれで、最終的には消費者が珈琲をどのように味わい受け入れていただけるかが全てのような気もします。
 焙煎珈琲豆は、よく生鮮食料品と言われます。当店もその考え方に基づいており、決して1年、2年先でも平気と言うような乾物的な保存食という見方はしておりません。 もちろんたとえば5日後には品質が劣化して、腐敗し、飲んだらお腹を確実に壊すと言うものではなくいわゆる品質の劣化が比較的緩やかな食品に対して言われる「賞味期限」表示に該当する食品と言えます。 その意味では、たびたび見かける包装済み市販商品の賞味期限1年後などの表示は、あり得てもとても信じられないというのが本意です。 珈琲色した、コーヒーもどきに成り代わっていると言っても過言ではありません。
 即ち珈琲は、生鮮食料品ですので、野菜と同じ感覚で保存し、涼しい場所での常温なら1週間か10日くらいのうちにいただくと言うのが、自然ではないかという結論になります。

 これは、ちなみに購入日からの賞味ではなく、焙煎日からの賞味です。 したがって、焙煎日(他の食品と同じ製造日に当たります)の表示をしている、焙煎店での珈琲豆の購入をお勧めします。(当店は、3日以内の焙煎、表示をしており、ネット販売豆は、御注文後に焙煎作業に入るよう務めております)


 珈琲豆の劣化については、サイトの別ページ「つれづれ珈琲」にもう少し詳細に記述しましたので、あわせてご覧いただければ幸いです。  「彩香房」杉浦

  「彩香房」焙煎日(賞味期限)表示
 

レンタル掲示板
/9